がん検診の種類

日本で行われているがん検診には「対策型検診」「任意型検診」の2 つに大
きく分かれると言われています。
【対策型検診】
ある集団に対して全体的な死亡率を下げる為に行われるがん検診になりま
す。主に職場や地方自治体で受診する物で、集団検診と言う市区町村が保健
事業として行っている住民検診や職場検診等がこれに当たります。
この対策型のがん検診は公共的に行われるがんの予防対策として、公的に補
助金が支払われる様になっていますので、受ける人の負担がほとんど無く、
無料または少額の自己負担で済む様です。
受診する方が不利益にならない様に行われる事が基本となっています。また
各市区町村や企業から依頼されて医療機関が行っている場合も有ります。
【任意型検診】
企業や自治体等、誰かに促されて行うがん検診ではなく、自分の死亡リスク
を少しでも下げる為に個人で受ける検診となります。主に人間ドック等がこ
れに当たります。
基本的には自己負担となりますので、集団検診と比べてかなり高い料金を支

払う事になりますが、加入している健康保険組合によっては補助金が出る事
も有りますので受ける際に聞いてみると良いでしょう。
検診の内容はどの診療機関でも一律同じと言う訳ではなく、種類や内容、料
金、付けられるオプション等、医療機関によって変わってきますので色々と
比較してみると良いでしょう。
どちらを選ぶかは働き方や加入保健によって変わってきます。任意型検診の
方が誰にも促されないので受けにくいと思いますので、意思を持って毎年す
すんで受ける様にしましょう。
がん検診の種類

Copyright(c) 2016 胃がんのがん検診 All Rights Reserved.